・・・日本は朝鮮を植民地にはしてないし、在日は強制連行で日本に来たわけじゃない!基本です。


by sayuriko00
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

民主党

今日は、神奈川と大阪の補欠選挙でした。
あっという間に、自民候補者二人に当確が出ました。
神奈川はもともと自民が強いところだったらしいのですが、大阪のほうはほぼ民主の地盤だったのを前回の小泉劇場の時たまたま自民が当選していたというところだということです。
つまり、民主が勝って当然の土地柄だったということです。

豪腕小沢民主、どうした?

それにしても、東京に住んでいるわたくしとしては、民主党のテレビCM(小沢さんが犬に語りかけるというもの)はひんぱんに見たような気がするんですが、自民党のCMは記憶にありません。

で、前に気になったニュースを思い出しました。
9月9日、NHK・BSのニュースです。誰も話題にしていないようなので、ここに書いてみます。

去年の政党政治資金報告書からNHKがまとめたものによれば、政党の宣伝費は、

        宣伝費用(去年2005年)
民主党    50億0.800万円
自民党    30億0、900万円
共産党    11億2,500万円
公明党    10億9,000万円
社民党    1億1,700万円
新党日本    5,500万円
国民新党    2,600万円

これを政党本部の政治活動に占める経費の割合で見ると、
民主党   60%
自民党   42%
ということになるそうです。

このうち、大手広告代理店に対しての支出は、
民主党   43億4,000万円
自民党    5億3,000万円

さらに、自民党は別の広告会社に、
       16億8,000万円

また、広報、宣伝のアドバイスを受けるために

自民党      8,500万円余
民主党   1億1,000万円

だったというのです。

なぜわたしが、こんなに詳しく書けるかといえば、ガンバ大阪×セレッソ大阪の試合の途中のニュースだったので、たまたま録画をしていたからです。
ほんとうは画面をキャプチャーできればいいのですが、PCではなくDVDレコーダーなので、面倒なので打ち込んでみました。

自民より政党助成金の少ないはずの民主党のほうが、宣伝に金を掛けている事実。
これが驚きでした。
しかし考えてみれば、ほとんどのテレビ局の論調はとにかく「反自民、反政府」になっていて、民主党に大しては大甘な対応になっていますよね。
安倍政権なんて、誕生する前からネガティブキャンペーンの嵐。
(なんとなく、民主の広告代理店は電通の予感)

小沢民主のくだらない国会質問などはほとんどスルーです。
次の質問など、わたしはモーニングショーでやっても確実に楽しめるものだと思うのですが。

1、(民主党・森ようこは)2006年10月11日、参院予算委員会における質問で、週刊現代の「安倍晋三は拉致問題を食い物にしている」という記事を紹介し質問したところ、安倍首相の怒りを買い、一部議員から批判された。・・・この発言に対して、自民・公明両党は同月13日、懲罰動議を参議院議長に提出している。(Wikipedia)
---------------------------------------------------------------

週刊誌を見て安倍さんに「これは本当ですか?」と質問したようです。自分でまったく調べもせず。
いったい誰が「本当です」と答えるというんでしょう?
子供の使いじゃあるまいし、これが国会議員の仕事でしょうか?
民主党はこの質問にGOサインを出していたはずで、わたしたちの税金はこんなくだらない質問をすることに費やされていると考えると怒りを覚えます。

2、美しい国を逆さに読むと「憎いし苦痛」
 「美しい国」は「憎いし、苦痛」-。13日午後の衆院本会議で、テロ対策特別措置法改正案の趣旨説明に対する質問に立った民主党の山口壮氏は安倍晋三首相のキャッチフレーズ「美しい国」を取り上げ「逆から読むと『憎いし、苦痛』」と痛烈に皮肉った。・・・野党席からは大きな歓声と拍手。
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20061013-103295.html

---------------------------------------------------------------

これも、野党とやらはいったい何を喜んでいるのでしょう。
逆さに読んで何か意味があるのでしょうか?宴会のオヤジギャグよりひどい。というか、民主党の宴会のときにでもやっていろ、バカ!と思います。

北朝鮮の核実験で政府は国連などの対応に追われていて、安倍さんもお疲れだったでしょうに、こんなバカどもの相手をしなければいけなかったなんてお気の毒です。

そして、周辺事態ではないと言い張る小沢氏。
なんでも自民党の反対をして、「政権交代」のほうが「国難」よりも優先する姿勢が露骨すぎて、今日の選挙の敗北につながったのではないでしょうか?
「核武装の論議」すらいけないなどという意見も聞こえてきましたが、「論議」すらいけないという態度が政治家の態度でしょうか?
世の中の風は変わってきているのに、いつまでも反権力、平和、などというお題目を唱えていれば支持を得られると思っているらしいのを見ると、

「民主党が政権を取るとエライコトになる!」と思わずにはいられません。

いくら宣伝費をかけても、無駄でしょう。だって、なにが悪いのかわかってない人たちなのですから。

政権交代。
それができないのは、民主党のせいです。
みずから、国民の選択肢を奪う行動をしていることを自覚してほしいものです。

★日本核武装論。
これをほのめかしたことで、北の核に対して中国も必死になったと思います。
実に効果的でした。
中川さん、GJ!
[PR]
by sayuriko00 | 2006-10-23 01:20 | 民主党