・・・日本は朝鮮を植民地にはしてないし、在日は強制連行で日本に来たわけじゃない!基本です。


by sayuriko00
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今、web上では超有名な話です。が、テレビなどではほとんど報道されないので、ここに書きます。
初見の人は驚いてください。


毎日新聞英語版サイト 「変態ニュース」を世界発信
6月20日20時45分配信 J-CASTニュース
「ファーストフードで女子高生が性的狂乱状態」「防衛省の『ロリータ』漫画キャラクターで内実が明らかに」――なんと毎日新聞の英語版サイトでこんな驚くべき記事が配信されていた。中には「六本木のレストランで豚を獣姦し、その後食べた」という、目も当てられなくなるような「変態ニュース」もある。これらの記事は国内だけでなく、海外のネット上でも話題になっていた。

■幼児性愛漫画のキャラクターを使って政策をアピール??

  「2ちゃん並というか、2ちゃん以下だな」「毎日ひでえな」

 毎日新聞の英語版ニュースサイト「Mainichi Daily News」にあるコーナー、「WaiWai」が過去に配信した記事に、こんな指摘がインターネット上で相次いでいる。

 例えば、07年9月に配信したニュースにはこんなものがある。

 「コックと野獣、ふしだらさとそれを愛する者」と題された記事では、東京・六本木に富裕層向けのレストランが登場したことを紹介。Mなる人物が「実話ナックルズ」という雑誌に語ったというその内容を参考にしているようなのだが、このレストランで、弁護士がメスの豚を獣姦し、のちにそれと同じメス豚が料理としてその後出てきた、という、おぞましい内容になっている。

 さらに、07年7月に配信した「防衛省の『ロリータ』漫画キャラクターでその内実が明らかに」という記事では、

  「サイゾーによれば、パールハーバーと南京大虐殺の後継である政府省庁が、テディベアを持ってメイド服を着たかわいらしい漫画の少女キャラクターに日本の防衛策を説明させるようになった。最近では、キワどい幼児性愛漫画のキャラクターを使って政策をアピールする政府機関が増えているが、そのなかでも防衛省の少女キャラクターはオタクを引きつけている、と同誌は言っている」

と紹介。そもそも「サイゾー」にこんな内容の記事が掲載されたとも思えない。

■「ご批判は謙虚に受け止め、削除しました」

 また「ファーストフードで女子高生が性的狂乱状態」という記事では、ファーストフードを食べると神経の中枢のコントロールできなくなりセックス依存症になるなどという説を紹介し、日本の女子高生の性の乱れを指摘。「お母さんたちは墜ちていく、成績を上げるために!」では、息子の成績を上げるために息子と性的な関係を勉強前に持つ母親のエピソードが紹介されている。これらのすべてが外国人記者の署名入りで書かれていた。約5年近くこうした「変態ニュース」を世界に発信し続け、これが海外のブログなどにも転載されており、まさに「変態な日本人」を世界にアピールすることになってしまった。

 毎日新聞社長室広報担当はJ-CASTニュースに対し、

  「ご指摘の英文記事は過去に配信しておりました。ご批判は謙虚に受け止め、削除する措置を取りました」

と回答していている。

 一連の「WaiWai」の記事を巡っては「まとめサイト」まで登場し、毎日新聞社に抗議するよう呼びかけている。そこには、インターネットの匿名性を問題にした同社の『ネット君臨』という書籍の一文を引いて、こんな主張が展開されている。

  「『ネット君臨』も書いている通り、ネットによって『一度つけられた傷は簡単には回復しない』(P76)のだ。日本国全体につけられた汚名に対し、いったい毎日新聞はどのような責任を取るつもりなのだろう」


毎日は、記事を書いたオーストラリア人に責任をほぼ押し付けているようですが、こんな記事が5年もチェックもなしで掲載されつづけたなど有り得ません。
抗議も来たでしょう。それを無視し続けて5年っていうのは、確信犯です。
日本語版では、一応お詫びらしきことはしていますが、肝心な英語版では、
あたかも「風俗や習慣を書いたが批判されましたので削除しました」って意味になっているとのこと。
やっぱり組織ぐるみの確信犯であることは間違いありません。

「毎日のこの記事にかかわった人は日本人じゃないの?!日本人なのに、なんでこんなことをするの?」
とこの記事のコメント欄に何人もの方が書いてらっしゃいますが、おそらくマジで日本人ではないかもしれません。
オーストラリア人のライターのことではなく、編集にかかわったり、チェックを怠ったりしたとされる人たちのことです。
国籍や顔は日本であっても、DNAがです。
日本人なら、右・左を問わず、わざわざ捏造してまでこんなことをするはずがありません。
本当に日本人なら、洗脳かなんかされていて人間終わってます。
こわいですね。
言論機関の中枢が「外国勢力」に乗っ取られている可能性、リアルに感じてください。

英語で「南京大虐殺」を否定する本が出ているそうですが、向こうのアマゾンでのコメントを読むと、、
「日本人全体の性質として、今でも酷い残虐で、性犯罪者ばかり」
みたいに思っている人がすごく多く、本の評価も低いとのこと。
この記事が、もしかしたらものすごい大きな影響を海外の人に与えているのかもしれません。
従軍慰安婦のウソが海外で受け入れられているのも同じでしょう。

また、シーファー駐日米国大使が日本を児童ポルノ大国呼ばわりした原因も、この記事が原因らしいとも言われています。そのせいで、2次元の児童ポルノも禁止になるのか!!などと、結構敏感に反発した人も多かったことと思います。

そして、これらの記事は今や英語だけではなく、引用され、各国語に訳され、世界中に飛び散ってしまっているのです。

この件、記事を削除で済む問題と毎日は本当に思っているのでしょうか?
謝罪して削除して、関係者をちょちょっと反省させて済む問題なのでしょうか?
日本のイメージと戦略、発言などに計り知れないダメージを与えました。
また、海外の日本人の身も危険にさらし続けていると言えます。
日本の名誉回復に毎日は責任を持たなければならないはずなのですが、
逆に毎日をこのまま許しては、何度でも手を変え品を変え、『反日本活動』を続け日本にダメージを与え続けることになるでしょう。
なんとかする方法はないものでしょうか?

記事、まとめサイトから
(まとめサイトには、記事全文と日本語訳もついているものがあります)

* 「母は、成績を落とさないために堕落する」 "More moms going down, to ensure grades go up!"

…「日本人の母親は、中学の息子が入学試験に合格するためにはどんなことでもする。『お母さん』、息子のハルキは内気に、しかし、しっかりとした声で言った。『お母さんとやりたい』。そして、毎晩、ハルキの勉強は、15分間の母親によるフェラチオから始められた。彼の集中力は向上した。そして彼の成績は急上昇した。」もはや新聞記事ではありません。どうみてもポルノ小説です。本当にありがとうございました。

* 「防衛省は‘ロリータ’マンガキャラクターを使って内部を明らかにする」 "Defense Ministry turns to 'Lolita' manga character to reveal inner self"

…「自衛隊が広報のためにマンガを作った」というニュースを、「かつてパールハーバーと南京大虐殺(レイプ・オブ・ナンキン)を起こした日本政府が、ペドフィル(児童性愛者)向けのマンガを作ってオタクを自衛隊にひきつけようとしている」と、悪意ある記事に。ちなみに、抗議があったためか、現在の毎日新聞のサイトからは「レイプ・オブ・ナンキン」の記述は削除されている。

* 「エロ寿司屋で舌なめずりするようなご馳走」 "'Erotic sushi' bar serves up tantalizing treats"

…おそらくどこかの夕刊紙のエロ記事から取ってきたであろうと思われる。「北海道には寿司屋を偽装した風俗店があり、そこで40分で「2人前」いただいた」というクソ記事。

* 「女性たちは昔の恋人との"リサイクル・セックス"によって全身全霊に活力を得る」 "Gals refresh body and soul by 'recycling sex' with old beaus"

…「デブでハゲで臭い旦那から、昔の恋人に抱かれに行く人妻」という、週刊誌でよく書かれているオヤジが喜んで読んでそうなバカ記事を、あたかも日本での流行かのように紹介。

* 「古来の米祭りはセラピー効果の洗顔クリームとして評判となっている」 "Ancient rice festival has reputation smeared by ‘therapeutic’ facial cream claims"

…「福岡の米祭りは、顔にベトベトの白い液体を塗るため、AV業界が「顔射」と呼ぶものによく似ている」。毎日新聞は「顔射」なんて言葉を使うんですね。さすがクオリティペーパー。

* 「致命的な'イクイク病'は頂点に達している」 "Deadly 'iku iku byo' reaches a climax"

…「24時間オルガズムが止まらない病気で苦しむ日本人女性の数が増えている」んだって。「日本の女性は淫乱」という、反日ガイジン、中国人、韓国人が喜びそうなデマをタレ流すライアン・コネル及び毎日新聞の意図は何?

* 「ファストフードは女子高生たちを性的狂乱状態におとしいれる」 "Fast food sends schoolgirls into sexual feeding frenzy"

…「ハンバーガーを食べる傾向は日本の女子高生たちを日本で一番の色情狂に変えました。専門家は、今日の女子高生の無分別な振る舞いは、ハンバーガーのせいだと答えました。」はいはい、日本女性は淫乱ですね。ライアン・コネルの妻は日本人らしいが、こういう記事を見てなんとも思わないんだろうか?

* 「コック、野獣、悪徳とその偏愛者」 "The Cook, the Beast, the Vice and its Lover"

…「六本木のあるレストランでは、日本人は食事の前にその材料となる動物と獣姦する」んだって。日本人って本当に最低な人種ですね。

* 「濡れてワイルドに : 主婦は近所のコインシャワーで大金を稼ぐ」 "Get wet and go wild: housewife rakes in extra loot at the neighborhood body wash"

…主婦が郊外のコイン・シャワーで、シャワーを利用している男性相手に売春をしているという記事。

* 「私たち少女の間でだけで--風俗産業の隠されたスラング」 "Just between us girls -- the secret slang splurted in the ejaculation industry"

…風俗産業で使われている隠語の詳細な紹介記事。「即・即・即」とは「即シャク、即ベッド、即アナル」のことらしい。他にも「駅弁」や「イラマチオ」など。

* (題名不明)「ほとんどすべての漁師は海でマンタとSEXしている」

…ある漁師経験者の男性がこのように発言したという。「日本人とは何とでもセックスする」と題した海外のフォーラムでこの記事を見つけた。

* 「セックス中毒者の匿名グループは共に集う」 "Sexaholics anonymous groupies let it all hang out"

…誰かとセックスしたくてたまらない病気になった女性が、同じ悩みを持つ仲間たちと集ってセラピーをするという記事。動物とセックスをした男性や、鯉とセックスをした女性が登場。

* 「気難しい日本の女王様たちは、悪臭を放つペニスを敬遠する」 "Picky Japanese princesses pass on putrid peckers"

…未婚の日本人女性は、悪臭を放つペニスを持つ男性と結婚することを嫌がる、という記事。

* 「性病が日本の熟年層にも広がっている」 "STDs spreading to Japan's older ranks"

…日本では性病は若者の病気と思われていたが、複数の相手とセックスしたり、オーラルセックスをする熟年女性が増えているので、性病が蔓延するようになった、という記事。

* 「"ルービックキューブ・セックス"が、日本の内気なベッドルームを改善するために広まっている」 "'Rubik's Cube sex' peddled as latest cure for Japan's bedroom bashfuls"

…ルービックキューブ・セックスとは、挿入している間にさまざまに体位を変えること。これにより、日本人の不器用なセックスが改善される、という記事。

* 「女性たちはブートキャンプでセックス・テクニックを会得する」 "Girls get good grip on sex technique at booty boot camp"

…OLの72%が、セックスをより堪能するために何らかのトレーニングを受けているという。バイブ、フェラチオ、あえぎ声などを練習するために女性たちが定期的に集まっている、という記事。

* 「財布にやさしい健康的なヘルピング・ハンド」 "A healthy helping hand that won't deplete your wallet"

…もし「本番」や「素股」をやるためのお金がなかったら、2980円で「手コキ」をしよう。まだ10代の少年から退職した老人までみんな手コキを利用している、という記事。

* 「酒と甘い言葉 : 彼女をはじめてのデートでおとすダークな芸術」 "Booze and flattery: The dark art of getting her to give it up on a first date"

…日本人女性の55%は、出会ったその日に男と寝る。失恋した女性や孤独な女性がどのようにして一夜で男と寝るか、という記事。

* 「サービスエリアでのホット・アクションは、ドライバーを再び路上に送り出す」 "Hot action at service areas sends drivers on the road again"

…高速道路のサービスエリアで、トラック運転手がウェイトレスとセックスをした、という記事。

* 「女性はセックスについては冗舌だが、マスターベーションに関しては口を閉ざす」 "Ladies loose-lipped on sex, but masturbation gets diddly squat"

…日本人女性はセックスライフについてはよくしゃべるが、マスターベーションの話はしない傾向がある。それは日本の男性中心社会に原因がある。日本の男性社会は女性の自慰のための障害である、という記事。

* 「セックス、レイプ&奴隷が、病的なホリデー・メニューに挿入される」 "Sex, rape & slaves inserted in sick holiday menu"

…多くの日本人がセックスツアー、奴隷ツアー、残虐ツアーのために海外へ行く。ベトナムにはレイプ・ブローカーが多数存在し、日本人男性がレイプできるように、女性をいつも道に引きずって歩いている。エクアドルでは、日本人はジャングルに放たれた子供たちをライフルでハンティングする。日本人はべラルーシでも、奴隷オークションに参加し、セックスビジネスのための奴隷を日本に持ち帰る。

* 「日本人女性は海外滞在に新たなる意味を見出す」 "Japanese gals give new meaning to being abroad"

…多くの日本人女性が東南アジアで性欲を満たしている。大量の日本人女性がタイ人の少年とのセックスを楽しむためにバンコクへ飛ぶ。ロンドンでは、日本人女性は白人男性となら誰とでも寝る機会をうかがっているので、日本人女性は笑われている。オーストラリアでも日本人女性の好色性は例外ではない。日本人の売春婦はシドニーでとても有名だ。

[PR]
by sayuriko00 | 2008-06-29 05:22 | マスコミ
c0089124_1135597.gif

今、韓国人のおばあさんたちが、戦時中、女子挺身(ていしん)隊として「強制連行された」ことで、日本と会社を訴えています。
そのことで、毎日新聞石川版に次のような記事が載りました。

勤労挺身隊訴訟:深く刻まれた心の傷 羅さんにインタビュー
◇涙ながらに半生語る

 夢見て海を渡ったあこがれの日本は地獄でした--。太平洋戦争のさなか、「女子挺身(ていしん)隊」として朝鮮半島から強制連行され過酷な労働を強いられたとして、国と機械メーカー「不二越」(本社・富山市)を訴えた「第2次不二越訴訟」原告の1人、羅贊徳(ナチャンドク)さん(79)が、控訴審第1回口頭弁論(先月28日)の証人として来日。毎日新聞のインタビューに答え、涙ながらに自らの半生を語った。後悔や後ろめたさにさいなまれ、深く刻まれた心の傷を今、見つめ直そうとしている姿があった。【澤本麻里子】

 1944年3月、羅さんが15歳の時だった。村長から「日本にいい工場がある」と誘われた。書道や生け花なども教えてもらえるという。1カ月後、2年間の予定で地元から25人が旅立った。「両親は反対しましたが、技術を学んで、お金ももらえるという希望でいっぱいでした」と振り返る。

 しかし、労働は過酷を極めた。「朝の8時から夜の8時まで休みなく働かされ、休日もありませんでした。機械の操作を誤って指を切断した子もいました」。粗末な食事。給料は支払われなかった。手紙は検閲され、苦しい状況を家族に訴えることもできなかった。

 「1人が泣くと、みんなが泣きました」。日本語と朝鮮語で「いつか不二越去るでしょう」と願う歌を仲間と共に作った。今も覚えていると言って口ずさんだ歌は、哀愁の漂う心に染み入るようなメロディーだった。

 ある日、父が亡くなったと電報が来た。「泣きながら帰りたいと訴えましたが、許されませんでした。『お前が帰ったって、父親は生き返るわけじゃない』と、冷たく突き放されました」。かわいがってくれた父の反対を押し切って日本へ来た後悔ばかりが残った。

 「終戦直前、一時帰宅が許されました。母は私を見るなり、何も言わずに抱きしめて泣きました」。羅さんの目から大粒の涙がこぼれた。

 戦後、結婚し、3人の子に恵まれた。だが、ふとした瞬間にあの過酷な日々を思い出す。家族には「挺身隊」を「慰安婦」と誤解されるのを恐れ、戦時中の体験は秘密にした。夫は00年に亡くなった。そんなとき、不二越の仲間と町で偶然再会。訴訟のことを聞き、闘おうと決意した。「強制労働の事実を認めて、きちんと謝ってほしい。それだけなんです」。まっすぐな視線で語った。

毎日新聞 2008年6月6日 地方版


この人の言うことは、胡散臭いですよね。
強制連行と言いながら、実際は両親の反対を押し切って自分から来たとも言う。
それって強制連行ですか?
村長から「日本にいい工場がある」と誘われた・・・、「強制連行」に誘われて日本に来たとも言ってます。
わたしたちがイメージしている「強制連行」とは、ぜんぜん関係がないのは明らかです。
<労働条件が、当初、第三者から聞いていたのよりも、かなりきつかった>
そのことを、「強制連行」と呼んでいるわけです。

「強制連行」の意味が崩壊しています。
「書道や生け花なども教えてもらえる」と言ったのは、村長ではないですか?
自分の思っていた労働条件と違っていたとしても、彼女をだましたのは村長ですよ。
なのに日本を訴えてくるこの人をわたしは信用できません。
確かに、ひどい思いをしたのだとは思いますが、この主張には「何もかも日本のせいだ」との思い込みが伺えます。
こういう人の主張の、はたしてどこまでが真実かも怪しいものです。

だいたい、この人は日本と日本企業を訴えてますが、そういう問題は1965年の「日韓基本条約」で全て解決しています。日本は韓国に巨額のお金を払って、「全ての問題は解決した」と両国が確認したのです。
訴えるのは韓国政府に対してでしょう?
・・・韓国政府は日本からもらった金を国民に黙って経済発展に使いました。そのせいで韓国経済はめざましい発展を遂げたわけです。それを韓国人は「漢江の奇跡」と呼んで自慢しています。まるで、全てを自分たちで成したかのように。

それは、韓国人の問題で、彼らが経済発展を選らんだのなら、それもアリでしょう。
結果的に、国が豊かになれば、間接的に、羅さんも豊かになったはずです。

そんなことをなにも書かず、「(羅さんは)まっすぐな視線で語った」なんて脚色してこのおばあさんに感情移入をするような記事を書いている記者の頭の中は、偏向していると言うしかありません。
もし、このおばあさんの訴えが認められることになれば、日本はお金を二重取りされるということになるのです。

こんなふうに報道するマスコミ人の知識不足は深刻です。
世論は裁判にも影響を与えます。
実際は、このおばあさんに日本はまったく責任を感じる必要はないはずなのですが、
このような記事によって日本の世論が「おばあさん、かわいそう」「日本は責任を取らなければならない」という方向に強く傾いていけば、裁判結果はおばあさんに同情的なものになるかもしれません。
わたしたち日本人は韓国人に2度わけのわからないお金を取られてしまうかもしれません。

従軍慰安婦にしても、なんにしても、韓国のばあさんというのは、「ゆすり」の達人ですね。
[PR]
by SAYURIKO00 | 2008-06-07 04:10 | その他