・・・日本は朝鮮を植民地にはしてないし、在日は強制連行で日本に来たわけじゃない!基本です。


by sayuriko00
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
親の評判が悪いせいで、けっこう悪口も言われている河野太郎氏ですが、こういうことも言っています。
「消えた年金5000万件」についてです。
5000万件の年金番号の件で、マスコミや野党の説明ぶりがや
や不必要に不安を煽ることになっているような気がする。

5000万件とはなにかというと「だれかの年金手帳に載ってい
るが、オンライン上のその人の基礎年金番号に統合されていない
年金番号」のことだ。
つまり消えているのではなく、だれかの年金手帳に載っている番
号であり、ミスでそうなったのかといえば、大部分はミスでも何
でもない。

平成九年に基礎年金番号ができるまで、年金番号は二億件あった
のだ。
なぜ、人口よりも多い数の年金番号があったかといえば、それま
では仕事を変わるたびに年金番号が新しくついたから。

かつては、厚生年金の人が転職すると転職先で新しい厚生年金番
号がついた。
国民年金の人が就職すると厚生年金番号が新しくつく。国民年金
の人が就職し、厚生年金番号がつき、退職して国民年金になると
また新しい番号がつく。
国民年金の人が他の市町村に引っ越しても番号が変わる。
ずっと同じ企業に勤めれば、一つの厚生年金番号で終わり、同じ
場所で自営業を営めば、一つの国民年金番号で終わる。

平成九年に基礎年金番号が導入された。
新しく一億件の基礎年金番号が導入され、それまでの二億件の年
金番号を、この新しい一億件の番号に統合することになった。

基礎年金番号が導入されて以降は、全てこの番号で管理されるの
で、新しい年金番号はつけられない。

基礎年金番号以前の二億件の年金番号の統合は、それぞれ個人の
年金手帳に自分の過去の年金番号が記載されているので、年金手
帳を無くしたりしない限り、全て把握できる。
二億件の年金番号にはどの年金手帳に載っていますよという年金
手帳番号(正式には被保険者番号)が載っている。

年金手帳を無くして再発行を受けたりして、年金手帳が複数あっ
たりした場合、無くしてしまった年金手帳に記載されていた年金
番号が統合されないケースはありうる。
そうでない限り、年金手帳があれば、基礎年金番号までの年金番
号はそこで把握できる。

「消えた年金5000万件」などと言われるが、5000万件の
うち、2200万件は、60歳未満の人たちの年金手帳に載って
いるこうした年金番号の数だ。
だから現在、60歳未満の人たちが年金を受ける年齢になったと
きに、年金手帳の年金番号は基礎年金番号に統合される。
ただ、年金の支給直前に統合されるよりも、もっと早い段階で統
合しておけば、問題も少なくなるだろうということで、統合を早
めろと僕はうるさく社会保険庁に文句を言い続け、みんなにうる
さがられている。

残りの2800万件は、すでに年金を受けている年齢に達したと
思われる人の番号だ。
可能性として、対象者が年金受給開始前に亡くなって、年金手帳
による統合をおこなっていないもの、対象者が年金の受給資格が
ないため、年金の裁定がおこなわれていない(そのために年金手
帳による統合がおこなわれていない)ものが大部分だろうと推定
される。

しかし、この中には、無くしてしまった年金手帳に載っていた年
金番号があるだろうし、氏名、生年月日などが違っていて統合で
きなかったものもあるはずだ。
だから、今回、2800万件の統合されていない年金番号の氏名
と生年月日、性別を今、年金を受給している3000万人の氏名
と生年月日、性別と照らし合わせて、ひょっとして漏れている可
能性がありそうな人に、通知を出すことになったのだ。

だから5000万件は、消えたわけではなくて、2200万件は
今後、その年金番号が載った年金手帳を持った人が年金をもらう
年齢に達するごとに、基礎年金番号に統合されていく。
もちろんスピードアップすべきではある。

2800万件の大部分はお亡くなりになった方と年金の受給資格
がない方の年金手帳に載っていた番号で、これらは統合される機
会が無かったため、いわば宙を漂っている番号だ。
しかし、この中には統合漏れが必ずあるはずなので、再チェック
をかける。

このほかに、年金手帳を無くしたりしたが、加入があるはずだと
いう申し出に基づいて調べた結果、マイクロフィルムや市町村の
記録が確かにあって、オンライン上に無かったのが29件、マイ
クロフィルムや市町村の記録にも無かったが領収書などがあって
記録確認ができたものが55件。
だからこの29件と55件こそが、たしかにこりゃえらいこっち
ゃなのである。
物を作っているメーカーからすると100万件で29件と55件
というのは異常に高い不良品率と言わざるを得ない。
だから社会保険庁の記録チェックは必要なのだが、5000万件
が消えたということではない。
この記録ミスと5000万件は、別物だ。

という説明を、みのもんたさんが番組でやってくれれば、不必要
な不安はなくなるし、それぞれ何をチェックするべきかもわかる
のではないだろうか。


>年金手帳を無くしたりしたが、加入があるはずだと
いう申し出に基づいて調べた結果、マイクロフィルムや市町村の
記録が確かにあって、オンライン上に無かったのが29件、マイ
クロフィルムや市町村の記録にも無かったが領収書などがあって
記録確認ができたものが55件。
>だからこの29件と55件こそが、たしかにこりゃえらいこっち
ゃなのである。

マイクロフィルムや領収書がなかったものもあるはずと思うが、たいした件数ではなさそうです。
・・・どれくらいを「たいした件数」と言うかという問題もありますが。

で、こういうのがなぜ安倍政権の問題なのでしょう?
かなり昔からの問題であり、さらに言えば、社会保険庁の役人の労働の質の問題なのではないでしょうか?
確か社保庁の役人は、PC入力時に45分ぐらい作業すれば15分休んでもいいらしい。昔、話題になりましたね。
これは、労働組合が異常に強い、ってことでしょう?
そのせいで、仕事が怠慢になっているってことでしょう?

で、労働組合の大元締めは「民主党」じゃないですか!!

もうすぐ、この件で自民を責めているうちに、またブーメランが民主党の元に返ってくるのではないかと考えるわたしです。
[PR]
# by sayuriko00 | 2007-05-30 16:52 | マスコミ

そういえば、公明党

忘れないように書いておきます。
先日の統一地方選の前日。
わたしは、誰に投票しようかと駅前の選挙ポスターを見ていました。
会社帰りでした。

その場所は、駅前の公園に続いていて、ベンチが置いてあります。
そのベンチに座っていたおばさんが、
「誰にいれるの?」といきなり声をかけてきました。

「まだわからなくて」
と言うと、
「民主党はダメよ。口ばかりだから。」
「わたしも民主党には入れません」
「じゃあ公明党にいれて。いい人よ」
「・・・」
「あなた、公明党は○○をしてきた実績があるのよ・・・・○○も公明党じゃなければできなかったわ・・・・」

話し方が、興奮して目が目つきも怖い。
逃げました。

このおばさん、駅前で「張ってる」んだと思いました。

結局、誰が何を主張しているのかぜんぜんわからないまま、選挙には行きませんでした。
投票率が低くて、公明党が有利になったようです。

今考えれば、「公明党」以外にいれればよかった。

あのおばさん、キ○ガイの仲間でしたよ。
宗教によって、人間がおかしくなる見本かなと思いました。
バランス感覚がなくなり「自分が他人にどう見えているか」がわからなくなる、気にならなくなる。
そういう宗教ってこわい。
[PR]
# by sayuriko00 | 2007-05-17 10:34 | その他

在日の怖さ

http://www.youtube.com/watch?v=fMIrOZ5zHZs&mode=related&search=

上の在日特権を許さない市民の会の副会長:御影草志氏の言葉ではありませんが、
日本人がもやあと感じている「在日」に対する恐怖、これが在日が好き勝手をしている一つの理由だと思います。

ウチの田舎は、在日がそう目だっていなかったのであんまりピンと来なかったのですが、やっぱり大人たちがひそひそささやいていたことは覚えています。
地元で有名な焼肉屋が在日だ、とか、パチンコ屋が在日だとか、戦後にどうとか言ったあと、
あまりデカイ声で話すと火をつけられるぞ、と。

最近、韓国で異様に放火事件が多く、その理由もあまりにくだらないものが多いことを知り、昔の大人たちの話を思い出したのです。

「放火」とまではいかなくても、なにかと逆恨みをして報復されたり、また、暴力になじんだり、というもやもやとした印象は、「韓国が好き」という人でもなぜか持っています。
わたしがこういうブログをやっていると知ると、「気をつけてね」と、なんでもない人たちが言うのです。

日本人が、そう思うことが悪いのでしょうか。
これは、そう遠くない昔、在日がやったことを日本人がもやもやと記憶しているせいで、それを払拭する方向のことを在日がしない、
それどころか、日本人の恐怖を利用して自分たちの要求、ずうずうしさを押し通してきたことから、ますますもやもやと残った、日本人のアタリマエの防衛本能のようなものでしょう。

あのバブルの頃の地上げも大部分が在日だとか、暴力団の3割もが在日だとか、産廃業者も在日だとか聞くと、やはり怖いです。
どこぞの町長が、産廃問題で襲われた事件も思い出しました。

おそらく、在日の人には、親戚か親しい人にヤクザがいる確率は非常に高いですし、在日と付き合う日本人は、逆恨みされないように腫れ物に触るような態度になることもあるでしょう。
それが逆にちやほやすることにつながったりも。
TBSの入社面接で、在日だと言ったら即合格したという話が民潭のHPに載っていましたが、
そういうのや、「GO」や柳美里が賞を取ったりしたのも、ちやほやの口だとしか思えません。

ほんとに、この恐怖を解くには、実際に在日がやったことならやったこととはっきりさせるのが重要だと思います。
もやもやが怖い。

朝日新聞は、右翼のテロが言論に対する挑戦だとばかり叫びますが、まともな言論を封じられてきたのは、わたしたち日本人のほうなのではないでしょうか。

マスコミが在日批判できる空気をつくることが大切と思います。
少しづつ、日本は替わっています。
ワールドカップ以降、以前では考えられないような状態になってきたと思います。
もうちょっと。
もうちょっと、がんばりましょう。

まずは、通り名反対。とくに、犯罪報道。

朴一 「韓国人犯罪者を日本人名で報道すべき」 悪人を日本人にしたがる韓国人

在日の犯罪報道に、国籍と本名を出すのはおかしい、と力説する在日の朴一氏ですが、
そのうしろについているビデオは、昔CSで放送され、話題になった韓国人の番組です。

「悪いことをするときは【日本人】だと言うんだよな」
会場、笑いと拍手喝采。
「足を踏んだらスイマセン(日本語)」
また拍手喝采。
「小さな愛国心ですよ」
「ええ。小さなね」

在日は、この狂った民族の一員だということを恥じるべきです。
・・・恥を知っている人なら、今頃は日本人になってるか。いつもながら。
[PR]
# by sayuriko00 | 2007-05-14 02:31 | 在日
今日の報道特集。
親日派狩りが人々を萎縮させている韓国の様子を報道していた。
それを見ていて、「やっぱり!!」と気づいたことがある。

日本統治時代に、ニッテイに協力した人物を告発している団体が持っている資料。
たとえば、日本の戦争に協力するような映画や雑誌や歌などの作ったという罪状で、国民的な有名人が死んで今になって告発されているわけだが、その映画も雑誌も、歌も、朝鮮語やん!!
戦争末期の一番軍国主義が吹き荒れていた頃の、戦争美化映画でさえも朝鮮語で、日本語の字幕がついていた。

これを見ていながら、
「日本は朝鮮語を禁止した!!」と言っている韓国人たちの頭の中ってどうなっているの?

しっかり録画した。
[PR]
# by sayuriko00 | 2007-05-13 22:01 | 韓国人・朝鮮人(要は、korean)

幕末・・・。

Gyaoで「幕末機関説いろはにほへと全26話」を見た。
7日まで、全話見れますから、見たい方は急いでください!

感想。
アニメはたいしたことなかったな。
でも、幕末について久々考えてしまいました。

昔はご多聞にもれず、「竜馬がゆく」「燃えよ剣」などを読んで、土方歳三が大のお気に入りでした。
そのうち、「男の美学だけのために、時代の歯車を逆に回そうなんて考え方ってどうよ!!」
などと思うようにもなったりしました。

今回、やっぱり土方さんが日本のことを考えなかったわけはないと思うに至りました。
・・・ヴィジュアル的にもエライかっこよかった。しかも、あの写真にそっくり。

幕末の志士たちは、みんなそれぞれ日本のこと、時代のことを真剣に考えていたと思います。
そして、そういう人間が日本にはたくさんたくさんいた。
それだけの土壌というか、下地が日本にはあったのです。
日本人がそのことを誇らずなんとしましょう!

明治まで生き延びた人間は、名が残っています。
早く死んだものたちはどんなに天才でも無名。
日本には、実はあと何人の坂本竜馬がいたことやらと思いませんか。
みんな志なかばで死んでしまった。

「坂の上の雲」のなかで、確か西郷隆盛が、明治政府のメンバーのことをカスだと言ってます。
本当にすばらしい人物はみんな、幕末の動乱の中で死んでしまったと。
明治政府を構成したのは、そういう残りカスばっかりだったというのに、その連中が世界でも強力な国家をつくりあげてしまった。
それを考えると、日本という国は、武士というものは、どれほど強力だったのでしょうか。
・・・武士と書きましたが、武士だけではありません。
町人、百姓、日本の場合はイザというときは、全員武士です。
この境界線が、とてもあやふやなんです。
新撰組の主要メンバーなど、そんなことを言えば、みんな実は百姓でした。

確か韓国人が書いた本に、
「韓国には、幕末にあたる時期、国を憂いて行動した人間は金玉均以下数人しかいなかった。彼らが王妃によって殺されてしまえば、後に続くものはほとんどいなかった。
でも、日本には何百、何千、何万という人間がいた」
(あたしの脳内意訳。たぶん)
というのがあって、「へえ~!!」と驚きもし、誇らしくもなりました。

なんとか、もう一度日本に武士の魂を復活させる方法はないものでしょうか?
江戸時代の教育は、いったいどんなものだったのでしょうか。
今どきの日本の子供は、「責任が重くなるくらいなら、エラクなんてなりたくない」と諸外国と較べて圧倒的に多数が思っているらしいですが、
日本が右翼の国だと思い込んでいるらしい隣の国々は、そのことをどう思っているのでしょう。

わたしに言わせれば、まだまだ「右翼度が足りん」ということになります。

ついでに、「いろはにほへと」では、幕軍の残党が札幌五稜郭を拠点に「共和国」を打ち立てます。いや、「いろはにほへと」だけじゃなく、史実です。
今の日本人が「共和国」というと、あの北のイカレタ国をどうしても思い浮かべてしまいますね。
まさしく「北」の「共和国」という点も一致。
そのせいか、アニメの中では、榎本武揚が教祖様になって領民が、
「共和国のために!!」と声をあわせて叫ぶような国になっていました。

あんな変な国であったはずがない。
榎本武揚、朝鮮人説が唱えられちゃうよ。

とにかく、世界で一番しょぼい歴史しか持たないお隣が、あれほど歴史を世界に誇りまくれるんだから、日本はほんとにスゴイ歴史なんだから、もっと自慢しなさいよ!
先人の血と汗でできた歴史ですよっ!!
(銀さん風)

追記:登場人物が「銀魂」とかなりダブるので、ときどき笑いたくなりました。
土方さん、マヨネーズなくて残念ねとか。
茨木蒼鉄の声が、あからさまに「今日からマ王」のギュンターで、ヴィジュアル的にも似てるんで、困った。

茨木蒼鉄≠ギュンター
c0089124_19532424.jpg

[PR]
# by sayuriko00 | 2007-05-04 19:20 | その他
今朝のフジテレビ「特ダネ」、室井佑月さんのある発言が気になりました。
アメリカ下院の「従軍慰安婦決議」を取り上げていたときのことです。

室井さんは、「大切なのは元従軍慰安婦のおばあさんたちの心なんじゃないですか」
と言っていたのです。
それを言ったら、「だから日本は謝罪しろ」ということになりますよね。

日本人には受け入れやすい言葉、考え方です。
外人にもかなり「被害者の立場」を重要視する人間がいます。

相手が日本人なら、それもいいでしょう。
いつか、こちらの善意に気づいてくれるかもしれないし、実際そのときの傷は癒されるかもしれないからです。
しかし、相手は韓国人なのです!!

「河野談話」というものがあります。
河野洋平さんが、内閣官房長官時代に「慰安婦の強制制」を日本として公式に認めたものです。
河野洋平さんは、慰安婦だった婦人の名誉と心の傷を慮って、証拠はないけど認めたと言ってます。
河野さんは、「良心的」な人だと思われたかったのでしょうね。

ところが、韓国人という相手は「それなら謝罪と賠償だ!!」と、その河野談話を根拠に騒ぎを大きくし、世界に向けて発信し、今の状態になっているわけです。

個人が良心的であろうとすることは勝手です。
が、政治家は国を背負っているのです。
政治家は、「いい子」になろうとしてはいけないという絶好の例になってしまいました。

韓国人に関しては、日本が「親切」で行ってきたことも、すべて彼らの権利・戦果になり、また日本のウイークポイントにすり替わってしまっています。
悪くもないのに謝るなんてのは、韓国のみならず世界の人々にも通じません。
「悪いことをした」から「謝った」と考えるのは、当然でしょう。

室井佑月さんの言ったように、「相手の気持ちを考えて、謝る」ということをしてしまうと、ますます未来永劫問題は解決しません。
かといって、事が収まるまで黙っているのも相手を認めることになります。

今、日本が過去の反省(これこそ、朝日的ではなく本当の『過去の反省』)の上に立ってするべきなのは、「慰安婦の実態」を世界に向けて発信すること以外ないと思います。
このような問題に発展した今、日本は返ってチャンスと捉え、日本の発信力の全てをかけて本当のことを世界に知ってもらえるようがんばるべきだと思います。
[PR]
# by sayuriko00 | 2007-03-07 00:55 | 韓国人・朝鮮人(要は、korean)

原因は教科書だった

前回のエントリー、「関東大震災時、朝鮮人大虐殺」について、しつこく考えている。

「『朝鮮人が井戸に毒を入れた』という一つの噂で、虐殺が始まった」と私たちが(わたしが?)思っているのはどうしてか?

で、本屋で教科書を調べてみた。
原因は教科書だった。
少なくとも、山川出版社の教科書はそうだった。
わざわざワクをつくって朝鮮人が噂で殺されたと書いてあった。


以下に山川出版社の高校日本史の該当部分の記述を書く。
朝鮮人が大暴れしていたことは、まったく書いてない。

■関東大震災の混乱
1923(大正12)年9月1日午前11時58分、相模湾北西部を震源としてマグニチュード7.9の大地震が発生し、中央気象台の地震計の針はすべて吹き飛ばされた。地震と火災で東京市・横浜市の大部分が廃墟と化したほか、その被害は関東一円と山梨・静岡両県におよんだ。東京領国の陸軍被服しょう跡の空地に非難した罹災者約4万人が猛火で焼死したのをはじめ、死者・行方不明は14万人以上を数えた。全壊・流失・全焼家屋は57万戸にのぼり、被害総額は60億円を超えた。

(ここからがキモ!) 
 地震と火災の大混乱で、「朝鮮人が暴動をおこした、放火した」との流言がとびかい、政府も戒厳令を公布して軍隊・警察を動員したほか、住民に自警団をつくらせた。
関東全域で、徹底的な「朝鮮人狩り」がおこなわれ、恐怖心にかられた民衆や一部の官憲によって、数千人の朝鮮人と約200人の中国人が殺害された。亀戸署内では軍隊によって10人の労働運動指導者が殺され、また憲兵によって大杉栄が殺され、社会主義運動は大打撃をこうむった。

(以上)

「10人の労働運動指導者が殺された」ということは、その人達がおそらく暴動を煽っていたんだろうから、社会主義革命運動の一環だったのでは?
暴れたものたちの中には、そういう意味で暴れていたものもいたのだろう。
ただの火事場泥棒が、そういう「大義名分」を得て暴れていたりもしたのだろう。
震災のものすごい惨状のところで、「暴れる」ことができる朝鮮人。
ちょっと朝鮮の有名なことわざと言われている、「溺れる犬は棒でたたけ」を思い出した。

とにかく、暴れていた。最初に「暴れる朝鮮人ありき」が真実。
それに対しての「軍隊・警官の動員」であるのに、山川日本史では、ただの「流言による動員」ということになっている。

また、これだけ組織的に暴れていれば、日本人が恐怖にかられるのはあたりまえ。
朝鮮人を警戒するのはあたりまえ。
それに対して、当時の新聞を読めば、日本政府は朝鮮人を保護している。
それも、まったく書いてない。
軍隊・警察は、ただただ朝鮮人を殺害しただけのような書き方になっている。
これを捏造・歪曲と言わずして何と言う!
社会主義運動がこうむった打撃のことが、まるで「痛いこと」のように書いてあることからして、教科書の執筆者たちも、左巻きにちがいないと思ってしまう。

「つくる会」の教科書に対しては、あれだけ重箱の隅をつつくような検証・批判があったが、山川の教科書のほうがはるかにプロパガンダ的で危険ではないか。

改めてここ↓と、山川の記述を比べてみてほしい。

当時の新聞のキャプ集。
【実録】 関東大震災 不逞鮮人暴徒化
http://naver.uwakina-honeypie.com/index.php?%CE%F2%BB%CB%BB%F1%CE%C1%BD%B8%2F%B4%D8%C5%EC%C2%E7%BF%CC%BA%D2


こんなにはっきりと朝鮮人が徒党を組んで大暴れした証拠があるではないか?
山川の学者たちは、そんなことも調べなかったのか?
知ってて、わざわざ無視してるのか。

これ、山川に電話突撃もの。
すぐにでも電話したいが、会社があるのでままならない。
誰か、電話してもらえませんか?

ついでに思い出した。
フジテレビで、去年の11月にやっていた「虹を架ける王妃~朝鮮王朝最後の皇太子と方子妃の物語」というドラマ。菅野美穂と岡田准一主演。
http://www.fujitv.co.jp/niji/index2.html

日本の軍人だった皇太子は、関東大震災で朝鮮人が殺されていると聞いてショックを受けていた。当時の新聞の紙面も画面に写されさえしていたように思う!
(・・・・この記憶力がどうにも情けない・・・)
そこまでやりながら、「朝鮮人が殺されている!!」という表現のみ。
これでは歪曲の再生産だ。

実際は、「朝鮮人、大暴れ。放火、強姦、略奪・・・」のニュースを聞いて、皇太子は、
「わが民はなんてことをしているのだ!!」
だったのではないかと想像。

参考:山川出版社 電話 03-3293-8131
[PR]
# by sayuriko00 | 2007-02-28 00:43 | 在日
きのうはWiiソフト『ファイアーエムブレム:暁の女神』の発売日。
買ってしまった。
その前作『蒼炎の軌跡』を、2巡目途中を楽しんでいたというのに。

『蒼炎の軌跡』のストーリーで思ったことがある。
「鷺の民」という戦闘力ゼロで、自然と一体化して暮らしている美しく平和的な部族がいる。
十数年前、彼らが住んでいるベグニオン帝国の天皇(みたいなもの)暗殺事件があったときに、
「『鷺の民』がやった」という噂が流れ、部族の住んでいる森が焼き討ちにあい、鷺の民はほとんど殺害されてしまったのだ。

ここのくだりで、「関東大震災、朝鮮人代虐殺」なるフレーズを連想してしまうのはわたしだけだろうか?
ストーリーをつくった人も、意識していたのではないだろうか。
ベオク(人間)対ラグズ(獣に変身する人々)。「鷺の民」は、鷺に変身する。
『蒼炎の軌跡』は、差別がテーマだ。
ラグズの中でも、「鷺の民」だけは戦闘力ゼロでイノセントな存在なのである。

昭和30年代生まれのわたしにとって、「在日韓国朝鮮人」というのは、なぜかイノセントな存在として刷り込まれている。
自国は日本の支配化に置かれ、弾圧に告ぐ弾圧。
強制連行されてきて、なお、なにもしてないのに「差別」に苦しみ、それでも誇りを持っていき続ける「穢れなき人々」

しかし、「鷺の民」のような大人しい人たちを、
「朝鮮人が井戸に毒を入れた」という一つの噂だけで虐殺するだろうか?

「した」ということであれば、日本人は飛びぬけて残酷な人種だということになる。
そして、そういうことになっていた。

2002年のワールドカップでその幻想から覚めたわたしは、「関東大震災時・在日大虐殺」に対しても、きっと彼らの日ごろの行いが悪くてそうなったに違いないと思うようになった。
被害人数もだいたい実際の10倍くらいになっているに違いないと。

しかし、現実はその上を行った。
ここを見てください!!


【実録】 関東大震災 不逞鮮人暴徒化
放火、レイプ、盗み、爆弾所持、毒の水を売る、出動した軍隊とぶつかる、・・・・・

これだけのことをしておいて、よく被害者ぶっていられるものか!!

これだけの資料が残っていて、いつも結局「悪いのは日本人だった」という話しか残ってないのはいったい何故なんだろう?
[PR]
# by sayuriko00 | 2007-02-23 16:16 | 在日
前々回のエントリー。
広島ローカルなニュースかと思っていたら、ここへ来てちょっと進展があり、全国区になっています。

[引用開始]

恐喝団体の代表は元衆院議員 トラストジャパン
'07/2/19
 広島市中区の書籍販売会社トラストジャパンをめぐる脱税・恐喝事件で、販売員が企業を脅して書籍を高額で売りつける際に名乗っていた政治団体は、元衆院議員(80)=東京都武蔵野市=が代表を務めていたことが十八日、広島県警の調べで分かった。県警は、販売員が代表の議員歴を巧みに利用して売りつけていた可能性があるとみて、元議員の活動への関与や報酬の有無などを調べている。

 県警によると、販売員らは「全国同和人権促進会」(大阪市生野区)、「政治経済新改革連合会」(埼玉県ふじみ野市)などを名乗り、領土問題や人権問題の書籍購入を迫っていた。

 大阪府選管によると、全国同和人権促進会は一九九七年二月に政治団体の届け出があり、昨年十二月に解散届が出されるまで元議員が代表を務めていた。また、県警の調べでは「政治経済新改革連合会」も元議員が代表になっていた。

 二つの団体はいずれも活動実態はなかったとみられるが、販売員らは政治活動をちらつかせ、他の書類から引用するなどして作った三千円程度の書籍を五万円前後で売りつけ、十八億円を超す売り上げを得ていたとみられている。
 県警はすでに元議員の自宅を家宅捜索。元議員は捜査員に「捜索の理由は分かるが、政治団体の活動実態は把握していない」などと関与を否定しているという。元議員については、連絡が取れない状態になっている。

 元議員は社会党の参院議員三期を経て、一九八七年四月の東京都知事選に同党推薦で立候補し落選。九〇年二月には衆院選旧埼玉一区から当選して一期務めた。

 県警公安課と広島中央署は十八日、恐喝容疑で再逮捕したトラストジャパン社長李一雄(63)=東区戸坂山根二丁目=や関連の岡山市の書籍販売会社「ユニオンKA」役員相本浩(59)=西区庚午南二丁目=の両被告や、同容疑で逮捕したユニオンKA役員上本澄洋容疑者(39)=倉敷市福田町、同社社員ら計十一人を送検。トラストジャパンなどから元議員に恐喝した金が流れていないか慎重に調べる。
中日新聞ニュース
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200702190278.html


[引用終わり]

エセ同和か本物かは知りませんが(どっちも同じようなもん!!)、人を脅して必要もない高額な本を売りつけ、脱税していたのは、朝鮮人の会社。
「日本のヤクザの9割は同和と在日」と、元公安の方もおっしゃっていたことがだんだん実証されつつあります。

そして、そのウラには元「社会党」。
この元議員のおじさんは、「和田静夫」さんと言います。
ちょっと知っている人だったりします。

「在日は強制連行されてない」ということを知らずに社会党活動をしていたのなら、こんど会ったら教えてあげようと思っていましたが、きっと全部ご存知の上で活動なさっていたのですね。
よけいなことを言わないでよかった。

かつての社会党は、今は民主党に入り込んでいることをお忘れなく。
c0089124_2024674.jpg

[PR]
# by sayuriko00 | 2007-02-19 19:42 | 在日
在日韓国・朝鮮人集団移転、伊丹で鍵引き渡し式
2007年02月16日


大阪(伊丹)空港の北西に隣接する国有地で、在日韓国・朝鮮人を中心に200人以上が暮らしてきた兵庫県伊丹市の中村地区(3.4ヘクタール)で、住民の集団移転のための市営住宅(1期分、50戸)が同地区の南側の隣地に完成し、16日、鍵の引き渡し式があった。1941年からの空港拡張工事で徴用された労働者が住居を建てて集落ができたが、戦後に転入したケースもあり、国が不法占拠とみなしたため下水道や防音設備が整備されずに住環境が悪かった。国や県、市と住民が01年から交渉し、この日の引き渡し式にこぎつけた。

 市営住宅近くの集会所であった式には同地区の住民約40人が出席。入居者の代表が藤原保幸市長から鍵を受け取った。中村自治会長の丹山判同(はんどう)さん(63)は「戦中の飛行場建設から始まり、長い時代、不正常な状態で住んでいたが、戦後処理の一つの形として軟着陸できた。高いハードルだったが、住民も正面から取り組んだ」と話した。

 市によると、同地区には03年4月時点で事業所と住宅が計208棟あり361人が生活していた。現在は移転補償契約の成立で建物の一部を取り壊しつつあり、115世帯264人が住んでいる。来年1月には新たにもう一棟の市営住宅(2期分、45戸)が完成する予定。地区外へ転出する人も含めて08年3月までに全体の移転を終えたい考え。
(asahi.com)

----------------------------------


いろいろなところをぼかして書いてある記事としか思えない。
【1941年からの空港拡張工事で徴用された労働者】などと書いてあるが、時期的に徴用では有り得ない。徴用時期は、1944年9月から。
徴用なら、国が住む場所を保証していた。
「官斡旋」でもないかもしれない。「官斡旋」は、1942年3月から。
それ以外は単に、「募集」である。

当時、日本本土と朝鮮半島は併合してはいたが、経済レベルは極端に違っていた。
今の北朝鮮と韓国が統一された状態と思えばいい。
当然、北朝鮮の人々はなんとしても豊かな韓国に行こうとするだろう。
そうなると、朝鮮半島大混乱だ。
おそらく韓国政府は、北朝鮮の経済が韓国と見合った水準に達するまでは、自由往来を制限するだろう。

日韓併合当初も、同じ問題が起こった。
ぶっちゃけ言っちゃえば、言葉も話せない、貧しい、教養のない、・・・何するかわからない人間たちが大挙してやって来られちゃ困る。
ということで、政府は渡航制限をひいていた。
日本に来れたのは、ちゃんと日本側が許可した人たちだった。
日本に勉強に来た人も多かった。
もちろん、密航者も多かった。

渡航制限が解除されたのが、1939年9月なわけ。
だから、それからは普通に働きに来てた。それが、「募集」の時期。
ここがわかりやすい。
徴用の内容について

>国が不法占拠とみなしたため

どう見ても不法占拠でしょう。
この人たちは、国の土地に住み着いて、賃料も払わず世代を重ねてきたというのでしょうか?

>下水道や防音設備が整備されずに住環境が悪かった

あたりまえじゃ、不法占拠のやからに下水や防音設備・・・「防音設備」?
じゃあ、電気や水やガスは来てたのか?
自分たちの金で?
電力会社やガス会社に、「差別だ」とかいやがらせをして引かせたなんてこと、ナイ!とは断言できない気がしてきた。

で、そういう人たちは、結局60年以上も賃料一切払わず、新築の市営住宅に入居できたと。
市営住宅というのは、収入が多いと出ていかなくてはならないっていう家賃の安い集合住宅だよね。
この人たち、全員が超貧乏人なのか?
ってことを、誰か調べてほしいもんである。

いや、超貧乏で家賃も払えない人は、日本人なら生活保護。外国人なら、「国へカエレ」が基本でしょ。
ここまでしてくれる「外国」が、日本以外どこにあるでしょう。

また、
>戦後に転入したケースもあり

ハア!!

>地区外へ転出する人も含めて08年3月までに全体の移転を終えたい・・・

今、地区外へ転出できるんなら、なんで今までしなかったのか?
今するということは、その人も「交渉」の結果、なんらかの「ごほうび」を市からせしめたということか?

など、いろいろ疑問点が沸いてきます。
とにかく、半世紀以上この人たちは外国で迷惑をかけながら暮らしつづけ、世代を重ね、結局なんのペナルティも受けることなく、逆に被害者ぶって日本から有利な条件を引き出して終わったわけです。

やったもん勝ち、ゴネ徳、の朝鮮文化をこれ以上はびこらしてはなりません!
日本がだんだん「北斗の拳」の世界に近くなっていく!



これでもウトロのケースよりはマシ。
ウトロの場合は、国連人権委員会から人を呼んで、
「我々は、こんなヒドイ環境で生活させられてます!」と、日本がいかにヒドイ差別社会かということを世界に向けてアピールするネタにされた!
ここのブログに詳しい。
murmurブルログ「中央日報がウトロを「差別問題」と報道」
ウトロ問題とは何かと言えば、
murmurブルログ「毎日新聞社会部中村一成には記者の資格無し」
[PR]
# by sayuriko00 | 2007-02-18 23:44 | 在日